工専への入り方とは

工専に編入学するには

工業関係の学校から編入できる

工専は通常の入学のほかに高校から編入学することもできます。対象となるのは工業高校またはその他の高校の工業に関する学科を卒業見込みの人か、すでに卒業した人です。また、総合学科などその他の学科についても取得単位などの条件によっては出願が認められることがあります。試験は工専の学科ごとに行われ、学力試験や面接といった選考を経て合格すれば編入が許可されます。入学先になる学年はほとんどの場合第4学年ですが、学校によっては第3学年も対象になります。それぞれの学科に追加で若干名を受け入れるという方式なので、受験する学校・学科の状況によって年度ごとに定員が変動します。

工専で学べることについて

工専は、工業についての専門的な知識を学ぶことができる教育機関です。高校よりも長い5年間、学習をします。その後、就職をすることもできますし、大学に編入することもできます。一般的に偏差値が高いため、それなりの学力がないと入学することができません。通常の工業高校で学ぶよりも専門性の高い知識を学んでいくため、社会での評価も高いです。ただ、大学に行って学ぶことに比べると、評価は高いとは言えません。ただ、高卒よりも高い学歴ですし、あまり偏差値の高くない大学を卒業しているよりは評価は高いのでコスパに優れています。

↑PAGE TOP