工専は専門分野である

工専で勉強をしたいなら

工専という専門分野に進学する

工業は日本の国がアドバンテージを持っている分野です。機械や造船や家電製品、CPUや精密機器や医療機器。こういった工業系の分野に進めれば、一生安泰です。何かとネガティブな経済ニュースが多い昨今ですが、手に職を付けておけば、生涯現役で社会に貢献する事が出来ます。ただ、機械や家電製品の分野に進みたいなら、若い間から専門の道に進んだほうが有利です。工専と呼ばれる特別なキャリアに進学する事で、若い頃から就活に有利なアドバンテージを得られます。同じ志を持つ仲間と学生時代を過ごす事が出来ますので、地元の普通コースに進学するよりも、青春時代を有意義に送れるでしょう。

工専ってどんな学校なの?

終戦後の1961年に、急激な工業化に伴い、不足する技術者を育成するために作られた学校です。農・工・商の教育の工業に重点を置いたのが工専です。高校と短大を合わせた5年の就学期間ですが、他の教育機関よりも専門的な教育に重点を置き、1年から専門科目を学び、実践的な技術者の養成機関となっています。産業界からの工専に対する評価は非常に高く、就職希望者に対する求人倍率は、高校や大学を大きく上回り、ほぼ100%となっています。完成教育を謳っているいる教育機関ですが、学生の進学意欲に応え、大学編入や大学院進学の道も開かれています。

↑PAGE TOP